Aさんの転職体験談!転職の動機・方法・実際使ったサイトまで!

Aさんの転職体験談!転職の動機・方法・実際使ったサイトまで!

読了目安:3分

転職の決め手と転職情報の集め方とは?

『歯科衛生士の求人はたくさんありどこがいいのか分からなくなってしまう…。』

転職を考えていた時に私が感じた感想です。

 

転職先がたくさんある中から選ぶことができるのは嬉しいのですが、何を基準にしたら良いか、どの求人方法を選択したら良いか、悩むことも多いですよね。

歯科衛生士は離職率も高い職業です。

 

そこで転職に失敗しないために、私が決断した『就職選びの決め手』と『転職情報の集め方』についてご紹介します。

 

 

 

転職したいと思った理由

 

私は、新卒の時は一般的な歯科医院に勤務していました。

虫歯の治療がメインで9時から21時までの診療をして、土日もスタッフが交代で勤務しているシフト制の歯科医院です。

 

週40時間程度と勤務時間が決められており、週に3日休みがある点も良いと思い就職しました。

ただ、シフトで午後から勤務したり、休みは多い分長い時間働く日もあり、自分はシフトで『生活リズムが整わないのは苦手』ということに気がつきました。

 

長い時間働く日の前日は憂鬱で、働いた後は疲労感が強く、『一定の時間勤務する』

歯科医院で働きたいと思う様になりました。

 

また、『インプラント』『ホワイトニング』なども行っていない所だったので、『審美的な治療も行っていること』も重要だと感じました。

 

この2つが、私が転職したいと思った理由です。

 

 

 

就職先選びの決め手

 

新卒で働いた歯科で良かった所は『先輩衛生士が多い事』だったので、『スタッフ人数がある程度いるところ』も大切だと思いました。

 

別の医院で働く衛生士の友人と、お互いの勤務先の話をすることが多かったのですが、その友人は「スタッフが3人程度で院長先生が1人という所は仕事以外の人間関係で悩むことが多かった。」と言っていたのもあり、『スタッフの人数が多いところ』が良いなと思ってました。

 

また、その友人が、「新卒で入ったのに、先輩衛生士が引き継ぎの1か月程度しかいなく、教育体制が整っていないと自分流になってしまい『このままで良いのか?』と感じる所も多かった。」と聞いていたので、スタッフ人数はしっかりと確認しました。

 

もう一つ希望条件をあげるとしたら、予防歯科に力を入れている所が良かったので、『メインテナンスに力を入れている所』も重要でした。

 

なぜかというと、①担当制だと衛生士と患者さんの信頼関係を築きやすく、②定期的なメインテナンスも受け入れてもらいやすいと思ったからです。

 

また、③メインテナンスは衛生士がメインになって行うことが多く、やりがいも多いからです。

 

私が就職選びの決め手として考えたのはこの2つで、

・『スタッフ人数がある程度いるところ』

・『メインテナンスに力を入れている所』

でした。

 

 

転職情報の集め方

 

私が転職を考えた時に転職情報を集めたのはインターネットでした。

転職情報が更新されていきますし、情報も分かりやすく細かく色々載っていた

グッピー』を見て探すことが多かったです。

 

他のサイトではなくグッピーを選んだ理由は、求人情報が多いと感じたからです。

他では『診療時間』『給与』『休み』程度しか載っていない所が多いく、『どれも同じに見える…。』。

 

でも、グッピーは教育制度やスタッフの雰囲気、院内の設備など細かく記載してありましたし、その歯科医院の特色をしっかりと書いてあるためか、他の歯科医院と比較しても特徴がわかりやすかったです。

 

その中で気になったEデンタルクリニックはいくつか分院もあり、『インプラントやホワイトニング』にも力を入れていて歯科医師の先生む複数人おり『スタッフ人数も多い』『毎日勤務は一定時間』というのを満たしていました。

 

スタッフの雰囲気も柔らかい印象でこの歯科医院で働きたいと応募して就職をすることができました。

 

就職後もスタッフ同士とても仲が良く、審美にも力を入れていて担当制だったので私が望んでいた職場に就職することができました。

 

はじめはグッピーで探して難しい様だったら転職エージェントに登録して紹介してもらおうと思っていたのですが、就職先が決まったので、こちらは利用しませんでした。

 

友人が転職エージェントを利用していたので、歯科医院の内情も聞くことができたし、同じような求人情報では自分で判断できなかったと聞いていたので、次回転職を探す際には転職エージェントも検討しようと思っています。

ぐいぐいくる転職エージェントなら「ファーストナビ 」ですね。

ファーストナビはこちら↓サービス利用者数日本一!

 

もうすこし控えめでLINEとかでしっぽりとやりとりできるのは、「ジョブメドレー 」です。

ジョブメドレーはこちら↓求人掲載数No. 1!

 

 

まとめ 

 

転職を希望する時にはどの様な歯科医院で働きたいかをしっかりと考えることが成功する秘訣だと思います。

 

何となく今働いている職場がいやだから…。という気持ちで転職してしまうと、また転職を繰り返してしまう事につながりかねません。

 

どの様な所で働きたいか考えてみると、今の場所でもできることなのか、それとも他の場所ではないと出来ないことなのかも把握することが出来て本当に転職するのが良いかの判断をする材料になります。

 

10年程度歯科衛生士をして周りの友人の話や自分自身転職しましたが、自分の希望が100%の歯科医院はないと思います。

 

働いていくうちの良い所を少しずつ探して、やりがいを見つけていくのが大切です。

 

どうしても違う所で働きたくなったら、自分のやりたいことをしっかりと考えてあげると転職を成功させることができると思います。

 

ファーストナビはこちら↓サービス利用者数日本一!

ジョブメドレーはこちら↓求人掲載数No. 1!