どうやって歯医者を選んだらいいの?歯科衛生士がコツを解説!

どうやって歯医者を選んだらいいの?歯科衛生士がコツを解説!

 


はじめに

旅の海

 

最近、歯が痛くなってきたけれど、
どこの歯医者に行ったらいいのか分からず、
そのまましているなんてことはありませんか?

 

でも、迷ってしまうのは当然のことなんです。
なんてったって、

 

歯科医院はコンビニより多いんです!

 

なので、
どこへ行ったらいいか迷うのも当たり前。

特にお子様のいる方は、
歯医者嫌いになってもらいたくないので
神経使いますよね。

そこで、そんな悩みを解決するために、いくつかのポイントをご紹介します。

 

 

 


ホームページを見る

 

① ホームページを開設している

シンプルにまとまっているもの、きれいに紹介しているものなど、色々ですが、
歯科医院がお金を出して業者に頼めば、いくらでも完成度の高いものはできます。

あくまでも、歯科医院の「オモテ側」を見る目的で見るとといいと思います。
医院へのアクセスや診療時間帯など、通えるかどうかは大切ですからね。

何ヶ月も前の古いお知らせがそのまま残り、ホームページを更新していない医院は、
患者さん目線で考えていない傾向があるので、チェックしましょうp(^^)q

診療科目が複数あるのに、歯科医師が一人ですべてをやっている、という所は要注意です。
一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・審美歯科・インプラントと、
違法ではないにしても、幅広くやっているということは、
全部に深い知識と技術をもっているの?と疑問を感じます。

もしアルバイトで矯正やインプラントの歯科医師が時々来ているとしても、
不在の時は専門でない院長が対応するか、
担当歯科医師の出勤日まで診てもらえないということになりかねません。

② ホームページを開設していない

比較的に小規模で、地元の口コミを頼りに診療していることが多い気がします。

削って詰める、入れ歯を治すといった、昔ながらの治療をおもにおこない、
予防歯科や小児歯科など、専門的な分野についてはあまり力を入れていないという、
印象をもっています。

歯科衛生士はおらず、資格がないため時給の安い助手が、
歯科衛生士の代わりになって仕事をしていることもあります(×_×)

もちろん、口コミで患者さんがたくさんいるような歯医者さんなら、
腕が良く信頼できる先生なのかもしれないので、一概には言えないのですけどね。

 

逆に、ホームページは華やかでとても分かりやすいものであっても、
診療はイマイチということもあります(;_;)

ホームページはあくまでも、医院の「オモテ面」を知る目的で見るようにし、
医院のウラ側は次項~を参考に知ってください!

 

口コミサイトを見てみる

インターネット

まず、
気になる医院をインターネットの口コミサイトで検索してみましょう。
いくつものサイトがあるので、
複数の口コミサイトを見た方がいいです。
それはサイトによっては
歯医者の悪い評価を掲載しないことがあるからです。
(サイトのスポンサーは、歯医者だったりします(×_×))

それでは正しい口コミにはなりませんが、
サイトの運営の都合でそんなことがあるので、
どこに行くか歯医者さんの目安がついたら
2~3サイト
確認するといいかもしれません。

 

Caloo(カルー) ( 口コミ投稿・病気体験レポート投稿)

デンターネット(口コミランキングサイト)

EPARK歯科(イーパーク歯科)

エキテン(総合口コミサイト)

 

 

また、ここに登録していない歯医者も
「歯医者 口コミ ご自分の地域」
でも出てきますよ(^^)

 

電話してみる

 

電話

 

次に、いくつか良さそうなところに直接行くか電話で問い合わせをします。
症状や希望を伝え、わからないことを訊きます。
その対応や雰囲気を体感するのも、歯医者選びには大切です。
患者さんの目線で考えてくれて好感がもて、予約の都合が合うようなら、
診てもらいましょう。

 


説明をちゃんとしてから治療するかを確認する

診察室

ここからが大きなポイントです。

大して説明もせずに
歯の治療を始めようとするところはアウトです。

 

こちらの希望や症状をじっくり聞いて理解した上で、
レントゲン写真などの検査をし、
十分説明してくれてから治療をスタートするところが良いです。

 

待ったなしで進めようとしていたら、
自分からどんどん質問して、治療の方向性に納得したら、
進めてもらいます。

 

一回行ってみて、
「なんか違うな………」と感じることがあったら、
できればその歯医者や他のスタッフに相談するといいと思います。

それでも納得が行かなければ、遠慮せず、たとえ治療が途中であっても
違うところに行くことをお勧めします。

なにかあったら、歯医者を乗り換えましょう。

患者さんの健康が一番大切です。
今や、患者が医者を選ぶ時代なので、強気でいいのです!

 

 

子どもなら小児歯科、矯正なら矯正の専門医へ!

歯の模型とお医者さんグッズ

 

もし子どもを歯医者に連れていくなら
小児歯科(子ども専門の歯医者)や小児歯科専門医のいる歯科医院
診てもらうことをおすすめします。
専門医に見極めてもらうことが、ベストです。
普通の歯医者はおすすめしません。

普通の歯医者さんは、子どもも診れますが、
小児歯科専門の先生は資格をとり知識と経験の量が違いますので、
遠くても行く価値が大いにあります。
(泣く子供の扱いとかもうまいと思います。)

 

専門医のいる小児歯科の見つけ方は
「小児歯科 専門医 地元の名前」
で検索してみてください。
少し遠くなってしまうかもしれませんが、
大切なお子さんのために良い選択をして欲しいのです。

普通の歯医者は
コンビニの約1.5倍ありますが
小児専門医のいる歯医者は普通の歯医者の約200分の1ですΣ(・□・;)

矯正の専門家もいますので
矯正においてもこれら
全く同じことが言えます。

 


㊟ちなみに………

アカン

歯科医師や歯科衛生士ではない人(歯科助手といって、資格の無い素人)が、
治療や補助といったお口の中を触る行為は違法行為です。
そういった歯科医院が結構ありますので、ご注意を。

といいたいところですが、
患者さんにはわからないと思います。

一応、全国の患者さんたちのために、
この記事を読んでる歯医者さんに対して
発言しておくに、とどめたいと思います。

 

 


さいごに

ファイト

先ほども書きましたが、
患者さんたちは
「なんか違うな………」と感じることがあったら、
違うコンビニに行く感じで
歯医者さんを変えてしまいましょう。

皆さんが良い歯医者さんを見つけられるよう
願っています(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

お口の中がきれいだと、心も心地いいですよね!
「お口の悩みを解決する」

歯科衛生士なつこです。

質問やこのブログに関しての改善点や気になったことや疑問など、
どんなことでもコメントをいただければ、
できる限り答えていきたいと思いますので、よろしくお願いします。