【知って安心!】歯科衛生士の偏差値を解説します

【知って安心!】歯科衛生士の偏差値を解説します

【読了目安:1分】

歯科衛生士の偏差値はどれくらい?

歯科衛生士の学校の偏差値は40~55くらいで、大学や専門学校によってかなり幅があります。

最近の私立学校では、推薦入試で受け入れる人数が増えている傾向があるようですね( ..)φメモメモ

 

歯科衛生士になる難しさは歯科衛生士の学校に入ること以上に、「3年以上の学業を続けて国家試験に合格すること」にあります(><)

わたしの意見

私的には偏差値を気にするより、まずは推薦の基準を調べてみることから始めた方がいいを思います。

行きたい学校が推薦で行くことができるなら早め(夏休み前)に高校の先生に相談しましょう。

 

そして、もし推薦で行けそうであっても勉強は絶対しておいて欲しいです。歯科衛生士の学校に行けば歯科衛生士になれるわけではなく、スタートラインに立つというだけですからね(笑)

そして推薦の基準に達していなかったり公立大学に進学したいのなら、偏差値や合格最低点を調べて猛勉強するしかありません!!

 

「歯科衛生士になりたい!!」

そんな強い気持ちがあれば、夏休みからでも間に合います。夏休みの初めと最後に過去問をやってみて、手ごたえを掴んで目標に向かって突き進んでくださいね(^.^)/

 

 

歯科衛生士なら登録したい2大転職サイト

①求人掲載件数業界No. 1*!ジョブメドレー



ジョブメドレーは、医院の登録数が圧倒的に多いので、求人の件数が日本一のサイトです。電話がかかってきたり転職をガツガツ促されないので、ジョブメドレー の方が評判が良かったりします。

 

 

②超大手ファーストナビ歯科衛生士

 


ファーストナビ歯科衛生士は、ファーストナビ は昔からあり、歯科衛生士のサービス利用者数日本一です。歯科衛生士ならまず初めに登録しておいて間違い無いでしょう。

 

 

歯科衛生士なら、このNo.1、No.2の「ジョブメドレーとファーストナビ」だけでも登録しておきましょう^ ^

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ツイッターもどうぞ。

 

歯科衛生士になるには?気になる難易度や費用をわかりやすく解説!

【徹底比較】歯科衛生士になるには、大学?短大?専門学校?賢い選び方とは?

 

今から歯科衛生士の資格とるのってもう遅い?そんなことないです!

歯科衛生士の裏あるある。あんまり人には言えないあるある総まとめ!!!