【休職中のママ必見!】30代 歯科衛生士の一日、いま振り返って。

2018年5月3日

 

読了目安:[5分]

 

仕事とプライベート、どうやって一日過ごしていたんだろう。

クリスマスの画像
クリスマスの画像

色々な30代があるかと思いますが、

私の30代後半は、歯科衛生士として、妻として、母として、娘として

忙しい毎日でした。

でも振り返ってみると、生活スタイルが変化をしながらも、

何とか仕事とプライベートを両立していました。

しかも自分的にはかなり充実していたことに驚きます。

お恥ずかしいながらも、30代後半の私の一日をご紹介します。

30代前半どうしていたか・・・最後にお話ししますね(^_^;

歯科衛生士の復職を検討している、30代で休職中のママさんに、

または全く考えていないママさん、

すでに復職しているママさん、

結婚と仕事について考えている30代の方々に、

気軽に読んでもらえたらと思います。

 

 

幼稚園や小学校へ行く子どもがいるので、7時には起きます。

家族をそれぞれ送り出したら自分の支度。

朝ご飯を食べながら洗濯とか、ニュースを聞きながら化粧とか、

「ながら」で色々こなします。

 

午前

 

 

お仕事、お仕事。

仕事中は妻や母でなく、

完全に、

歯科衛生士なつこ、です。

 

ときどき疲れを感じることもあるけど、

歯科衛生士として社会に貢献できるって、嬉しいし、楽しい。

 

患者さんやスタッフとの談笑が、リラックスのひとときとなります。

 

パート勤務の私は、午前の診療にて終了です。

体力的にはもう少し働ける気もするけれど、

子どもたちも家で迎えたいし、扶養の範囲内で働くとなると、

午前だけで丁度良いのです。

 

 

午後

 

 

職場からの帰り道で、食材や日用品の買い物をします。

昼間なので銀行や郵便局での用事も済ませられます(*^_^*)

おなかが空いているので足早に用事を済ませて帰宅。

お昼ご飯を食べて、のんびり。

うたた寝をしていると、

子どもたちが帰ってくる時間になります。

 

一緒におやつを食べながら、その日の予定を確認。

公園へ行ったり、家に友達を呼んで遊んだりします。

それぞれの習い事の送り迎えもあり、

完全に歯科衛生士なつこは、母となります。

 

 

夕飯はスキマ時間に少しずつ作っておくと、

出かけても帰宅してからすぐ食べられます。

絵本を読んだり、テレビを見たり、それぞれの出来事をおしゃべり。

 

一日で一番しあわせな時間。

 

9時過ぎ、歯みがきをして子どもを寝かせているうちに、

一緒に眠ってしまうことも、しばしばです。

なんだかんだ動き回っているので、やっぱり疲れているんですよね。

心地よい疲労感で、ぐっすりと眠れます・・・(-_-)zzz

 

休日

 

色々なところに家族で出かけました。

実家・公園・テーマパーク・科学館・ハイキング・・・。

そういえば、レジャー代は私の担当だったような・・・(・_・、)

それなりの余裕がありましたけどね(^。^)

 

公立の施設は安いし楽しいところがいっぱい!

ガイドブックで調べてよく行ったっけ。

上の子の興味関心に合わせると、うまくいきます。

下の子は、どこでも楽しいので。

 

30代前半は・・・

 

!

 

実は、20代に結婚してから30代前半まで、

歯科衛生士は歯科検診の単発の仕事しかしていませんでした。

出産・育児・家事と忙しかったこともありますが、

歯科衛生士として現場で働くことに自信がなかったからです。

 

多くの個人開業の歯科医院は人員が少ないので、一人一人の責任が重く、

休むことはできないと思っていました。

家庭を優先するとなると、歯科衛生士としての職務が全うできない気がして。

 

 

でも実際、30代後半で歯科衛生士の仕事を再開して思いました。

「なんとかなったんだな」って。

歯科衛生士のニーズは高く、多くの歯科医院は慢性的な人手不足です。

たとえ少しの時間であっても働いて欲しい、という歯科医院はたくさんあります。

小さい子どもがいると、不測の事態がありえることも理解してもらえれば、

十分働けるのです。

 

30代前半の数年、一般企業のサービス業で社会勉強をしました。

スタッフがたくさんいるので、希望のシフトを提出し、

急な休みが必要なときは代わりに出てくれる人がいました。

幸いにも子どもたちは丈夫で、休むことは無かったったですけどね(^ω^)

 

歯科衛生士に比べて時給はずっと安かったけれど、

接客などの接遇マナーや電話応対、パソコンの扱い方は、ここで覚えたので、

これはこれで良かったと思います(^。^)

 

多くの選択肢から最高を選べるように・・・

 

いま思えば30代後半は、家事や育児で忙しくはあったけど、

自分の生活スタイルに合わせて仕事ができたと思います。

お小遣い稼ぎにもなったし、

歯科衛生士としてもスキルもみがけました。

30代前半は子どもたちとゆっくりできたことも、

それはそれで良かったです(*^_^*)

 

年齢や環境によって働き方に変化はあっても、

歯科衛生士としての私・・・

これからも続けていきたいと思います。

 

転職サイトを紹介しておきます (。-`ω´-)

 

継続するにも、転職するにも、より良い職場を求めて
転職サイトを覗いてみるのもありかも知れません (。-`ω´-)
意外に転職して見ると、「なんで今まで転職しなかったんだろう。」「
もっと早く転職すれば良かった!」なんて思うことがあります。

私自身、かれこれ5つほど転職を繰り返し、
すてきな職場で働かせていただいてます(o^^o)

でもやっぱり新しいところに行くのは勇気がいりますよね……

「転職サイトに書いてあることと違ったりしない?」
「現状維持の方が良いかも…」なんて思いますよね(>_<)すごく分かります。

「かといって、ここが最善なのかな?」
という不安も付きまとうんですよね(>_<)

そこで、とりあえず登録して、
いろんな求人を見てから考えるのも一つの手です (>_<)

今回は全国の歯科衛生士たちが最も登録している
安心の2大転職サイトを紹介して終わります (。-`ω´-)

 

やっぱりなんといっても歯科衛生士に特化した、
最大の大手のファーストナビ (。-`ω´-)

圧倒的な求人数なので、自分にあった職場に目をつけて置けます(●´ω`●)
(高給与、パートOK、残業なし、近場などなど)

電話で相談に乗ってくれるので、自分の頭を整理できます 。
歯科衛生士なら、とりあえずファーストナビをまず登録してみましょう (。-`ω´-)



  • 日本最大級の転職サイト!超急成長中のJobMedley

こちらも求人数が他サイトに比べて圧倒的に多く、
「歯科衛生士」だけで8960件の求人数がありますΣ(o^^o)(2018年5月現在)
こちらも大手なだけあって、全国展開、雇用条件で検索、
キャリアカウンセラーに相談可能、お祝い金などなど、
歯科衛生士の願望をがっつり掴んできます。

ユニークなお祝い金制度や、スカウト制度がありますので、
登録だけしておくだけでも選択肢が広がります(>_<)」


 

 

これから結婚相手を探す方はこちら!

今なら登録無料のこんなサービスもあるので、
パートナーを探している方は是非!
私も結婚していなかったら、
ガンガンこういう系に登録して結婚していたと思います。

こちらの会社は男性の条件が厳しく、
医師・歯科医師など、年収700万円以上が条件ですが、
女性は35歳以下で美意識が高いことが条件ですp(^^)q

歯科衛生士のパートナー探しとしては、
お勧めです!!(・・・いいなあ(^<^))


最後までお読みいただき本当にありがとうございました(^^)
ぜひ気軽にコメントや質問ください!

少し下の関連記事も参考にどうぞ(^^)

Posted by natsuko