意外と知らないうがいの正しいやり方!

 

読了目安:[2 分

「うがい、ちゃんとしてますか?」

水道水

 

私、歯科衛生士でも、うがいの大切さを知る近年まで、
真剣にしたことはありませんでした(;_;)

 

ブクブクうがいとガラガラうがいが、大切な理由と
効果的なブクブクうがいとガラガラうがい方法をご紹介します。

 

 

まずはブクブクうがい!

ブクブクうがい

<ブクブクうがいの具体的な効果とは?>

ブクブクうがいによって歯や舌、頬の粘膜にくっついている食べかすやバイ菌を、取り除きます。

また、口の中が酸性に傾いて歯が溶けるのを緩和します。
(参照 酸が歯を溶かしてる!酸の強い食べ物とは?

 

口を閉じなくては成り立たないので、口の周りの筋肉の強化にもなります。

いつの間にか口が開いている方は、筋力が弱いことが原因のことも多く、むし歯や歯周病、
悪い歯並びや滑舌、イビキ、顔のタルミなど、いろいろな弊害が出ます。
(参照 意外と知らない「口を開けてる」7つのデメリット・原因と対策!

 

<ブクブクうがいの一番効果的なやり方とは?>

 

お水をひとくち、含みます。

しっかり口を閉じて、上下左右まんべんなく水を移動させながら、
できるだけ強く口の周りの筋肉を伸縮します。上下左右に10回ずつしましょう。

 

口をしっかり閉じることができない人は、水があふれ出てしまいます。

まずは空気を入れてブクブクするとか、お風呂や洗面所で練習するのも良いです。

 

真剣にやると、口の周りの筋肉が疲れますが、それが効果がでてる証拠です。

試してみてくださいね(^o^)

 

 

ガラガラうがい

ガラガラうがい

<ガラガラうがいの具体的な効果とは?>

 

ノドに付いたバイ菌を取ることを目的としていると思いますが、
舌のトレーニングにも、とても有効です。

 

ガラガラうがいで舌の筋力が上がると、ブクブクうがいと同じように、悪い歯並びや滑舌、
イビキや誤嚥性肺炎などの予防や改善につながります。
(参照 5秒からできる舌のトレーニング!小顔・イビキ・滑舌などに
(参照 むせやすくないですか?予防と対策法あります! 誤嚥性肺炎

 

 

<ガラガラうがいの一番効果的なやり方とは?>

 

お水をひとくち、含みます。

そのまま上を向いて「アー」と言います。

水が振動してガラガラ音をたてて数秒したら、そのままストップします。

また再開し、水を替えたり呼吸して数回続けます。

 

ノド周りや下顎の筋肉が使われて、二重顎の改善にもなりますよ。

 

 

 

たかが「うがい」、されど「うがい」!!

一面の桜

たかが「うがい」、されど「うがい」です。

毎日する「うがい」を質の高いものにすると、良いことがたくさんあります。

試しにやってみてくださいね(^^)。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました(^^)
ぜひ気軽にコメントください!

少し下の関連記事も参考にどうぞ(^^)

 

<sponsored link>