歯科衛生士の休みについて徹底解説!長期休暇はある?休みの過ごし方は?

歯科衛生士の休みについて徹底解説!長期休暇はある?休みの過ごし方は?

読了目安【3分】

歯科衛生士って休みある?

もちろんあります。

パートだったら前もって言っておけば休めるし、正社員だったら、だいたい水・木・日曜日の休診日か、有給休暇に休めます。

いまだに有給がないところ歯科医院もあるのは残念な話です(泣)

 

ちなみに「なつこのツイッター」のアンケート結果以下の通りです!このように定期的に歯科衛生士が気になるアンケートを呟くので、ぜひフォローして参加してくださいね!

 

歯科衛生士あるあるの休みの過ごし方はこちら

年齢層や家族構成によってもいろいろ。

主婦歯科衛生士代表(もちろん自称)の私の最近の休日の過ごし方は、

温泉・紅葉旅行、映画鑑賞、家族の衣替え、布団の季節替え、家の片づけ、勉強、ブログの記事書きなどなど、時間がいくらあってもありなーい!!

8、9月に洋服やらお買い物をし過ぎて、クレジットカードの請求がいっぱい来たので、10、11月はちょっとおとなしくしています(;^ω^)

あとは実家へ行ったり、友達とごはん食べたりで、まあ地味なもんですよ。

休診日はしっかり休めるので、有給休暇はあんまり取ってないけど、幸せなことに、どんどん遠慮しないで休んで~って言ってくれる院長なので、診療日に休みたいときは休んでいます。

もちろん、みんな大人なので譲り合って休みが重ならないようにしてるので、ヒンシュク買うこともなし。恵まれたところで働かせてもらってます(*´ω`*)

 

 

【歯科衛生士あるある】え?こんな過ごし方している人もいるの?休日の過ごし方

【1分ブログ】歯科衛生士なつこの1日。私の生態を明らかに!

 

歯科衛生士に長期休みはある?

ゴールデンウィーク、夏休み、冬休みは歯科衛生士にとっても大事な長期休暇!!

患者さんも帰省したり旅行行ったりするから、一斉にみんなで休んだ方が効率はいいんですよね。

どこか行くにしても混んでいるのは確かなんだけど、一緒に行く人と休みが合わなければ話が始まらないですからね(>_<)

 

歯科医院によっては、研修という名目で長期休暇をとって海外へ行く分、夏休みは少し少なめにするとかかな。

場所によっては、GWも全くカレンダー通りに働いたり、休診日を診療日に振り返るなんてところも。

 

診療しなければ歯科医院だって経営が大変になって、ボーナスや昇給に影響するんであれば、歯科衛生士もその辺は協力体制に入るのは仕方ないかな、とも思います(;^ω^)

 

求人広告で、「年間休日130日以上。年末年始・GW・夏季休暇あり。」って書いてあった場合、

診療日が、月20日×12カ月=240日ですよね。

なので、1年(365日)ー診療日(240日)=休診日(125日)ですね。

そして、年間休日(130日)ー休診日(125日)=あまり5日。

長期休暇用に、この5日を分散して祝日や休診日をくっつければ、結構、長い休みになりますよね。

 

 

まとめ

歯科衛生士って、休みが土日休みの会社とは違うから、「個人経営の歯科医院だと休みが少ないかも?」と心配になることもありますが、それなりに休みはあるし、休みが少なめのところは給料がよかったりするので、心配ないですよ。

 

とにかく、自分の希望に合ったところを探せばいいんです。

たとえば、私は新卒で就活するときの絶対条件として、「土日がやすみのところ」としていました(*^▽^*)

中学校や高校の友達のほとんどは土日休みだったので、一緒に遊ぶためにはそこは譲れないと・・・(笑)

土日遊びつつ3年働いて、結婚して仕事をやめました><(笑)

 

 

 

 

①ジョブメドレーはこちら↓求人掲載数No. 1!

②ファーストナビはこちら↓サービス利用者数日本一!

③上二つを登録し終わってる人はこちら!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ツイッターもどうぞ。

 

 

【歯科衛生士あるある】え?こんな過ごし方している人もいるの?休日の過ごし方

【1分ブログ】歯科衛生士なつこの1日。私の生態を明らかに!