歯間ブラシって効果あるの?簡単におすすめのやり方も紹介(^^)

2018年3月30日

読了目安:[3 分]

歯間ブラシって・・・?

犬ちゃん

歯医者さんへ行くと、「歯間ブラシを使っていますか?」と

訊かれることはないですか?

 

歯ブラシでみがくだけでも面倒なのに、さらに歯間ブラシまで・・・。

 

と思うかもしれませんが、
歯間ブラシのことを、少し知って使いたいと思ってくれたら嬉しいです。

 

歯間ブラシって、どんなもの?

 

歯間ブラシ

 

 

歯間ブラシは、読んで字のごとく「歯と歯の間をお掃除するブラシ」です。

 

持つところがプラスチックで、ワイヤーの先の方に短いナイロンの毛が付いています。

商品によって、細い楕円形や三角に毛が付いているものがあり、
メーカーによってサイズがSSS~LLまであります。

 

シリコンゴムでできているものもあります。
大きなカタマリは少し取れ、歯肉のマッサージ効果も多少ありますが、
ベタ付いた汚れは取れないのでお勧めしません。

 

どういうところに使うといいの?

 

若く健康な歯と歯の間は、くっついていることが多く、
デンタルフロスのような糸がようやく入るスキマしかありません。

 

でも、年を取って体の力(免疫力)が弱ってたり、
歯ブラシやデンタルフロスでのお掃除が不十分だと、だんだん歯と歯の間が開いてきます。

それが歯周病で、歯の周りの骨が溶けてなくなるので、スキマが開いてくるのです。
(参照:あなたは何個当てはまる?歯の周りの病気(歯周病)チェック!

 

そこで歯間ブラシのような、
歯ブラシでは入らないような狭いスキマをお掃除するものが必要になります。

 

上手な使い方、あれこれ

 

歯と歯のスキマの大きさは、全部同じではありません。
それぞれの歯の形や場所によって、汚れのたまり方が違うからです。

 

そのために歯間ブラシの形状やサイズは色々あり、
歯と歯のスキマにピッタリ合ったものを使うと、効率よくお掃除ができます。

 

だけど実際、それぞれスキマ全部に合わせて、取り替えるのは大変面倒です。
私もできません(;_;)2種類が限界ではないかと思います。

 

太いものと細いものを1本ずつ用意し、まず太いものを全部のスキマに入れていきます。
ぶかぶかのところでは、両脇の歯の根元に沿うように入れてお掃除します。

太いもので入らなかったスキマに、細いものを入れてお掃除します。

 

どうでしょう。これなら出来そうではありませんか?

初めのサイズや形選びは、歯医者さんでしてもらうと確実ですよ。
使い方も教えてくれるはずです。
私に質問してみても大丈夫です!(^^)/

 

使い終わったら、歯ブラシと同じように洗って乾かします。

針金の部分が劣化して折れやすくなるので、2週間くらいで取り替えましょうね(^。^)

 

 

歯みがき粉をつけたほうがいい?

基本的には付けなくても大丈夫です。

でも、歯周病の予防や治療のために、殺菌効果のある歯みがき剤を付けるといいですよ。

私も使っています。(商品 コンクール ジェルコートF)

 

歯みがき後に忘れなてはいけないこと!

そうそう、歯みがき後はブクブクうがいを、しっかりしてくださいね!

歯ブラシや歯間ブラシで浮き出た汚れが、口の中に残っていると、
歯のスキマに戻ってしまいますからね(;_;)

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)
ぜひ気軽にコメントや質問ください!

少し下の関連記事も参考になると思います(^^)

 

<sponsored link>