意外と知らない「口を開けてる」7つのデメリット、原因と対策!

意外と知らない「口を開けてる」7つのデメリット、原因と対策!

はじめに

砂漠

こんにちは、歯科衛生士なつこです。

 

最近、歯科業界の関係者として感じるのは、
本当に口が「ポカン」と開いているている人が多いことです。

子供だけでなく大人でも、
若い方に多いのですが、
ほとんど自覚していないようです。

 

口が乾きやすいとか、
唇か乾燥していることはありませんか?

普通、
口は閉じて、鼻で呼吸します。
そして口の中は絶えず唾液で潤っています。
鼻が詰まっていて口で息をしてしまうこともありますが、
なんとなく口が開いてしまう人がいます。

 


食べ物を噛まないのが原因!?

カレー

カレー、飲んでいませんか?

 

(*^^*)

カレーは飲み物じゃないです‼

カレーに限らず
食事をよく噛まないで飲み物で流し込むように食べてないですか?

なんで噛まないといけないかというと
口の周りの筋肉が弱ってしまうのです。
すると、
口を閉じていることができないのです。

また、
飲み物を飲みながら食事をするって、
意外に普通にやっていますよね?

しかしこれも、
噛まない原因になってしまします。

食べ物を飲み物で流し込んでしまうんですよね( ;∀;)

 

口を閉じて食べ物を噛んでいると、
自然に唾液が出てきて、
飲み込みやすいようになります。

また、
唾液の分泌をうながすと、
胃液の分泌もよくなり、
ダブルの力で栄養の消化や吸収が良くなります。

これを意識するだけでダイエット効果も期待できるかも(^_-)-☆

 

そもそもなんで口を閉じなければいけないの?

考える子ども

口を閉じないデメリットは7つあります

①口臭の原因になる。

口臭

閉じてるはずの口が開いていると、においの原因になります。

口臭を治すにはどうしたらいいの?[動画付き]歯みがきの仕方は?

②歯が黄ばむ。

木目調

歯がずっと空気に触れていると、黄ばみやすくなります。

【徹底比較】歯の黄ばみって取れないの?いくつかの方法を紹介します!

③むし歯になりやすくなる。

むし歯感染

口が開いていると、
外から菌が入りやすくなりますし、
唾液がうまく働かず、
むし歯になる可能性を高めます。

なんでむし歯になるの?原因と対策!

④歯周病(はぐきの病気になりやすくなる)

口を開けていると
歯ぐきが空気に触れ続けることで
菌が入りやすくなるのと
唾液がうまく働かず
歯周病(歯ぐきの病気)になりやすくなります。

あなたは何個当てはまる?歯の周りの病気(歯周病)チェック!

 

⑤歯並びが悪くなる

口が開いているということは
口周りの筋肉が弱っているということです。
そうなると、歯がどんどん出っ歯になってきてしまいます。

赤ちゃんのいる方はよく注意して欲しいのが
スプーンを使って食べさせるときに
赤ちゃんが口を閉じるのを待たないで
上唇にこすりつけて食べさせている
唇の周りの筋力が発達せず、
出っ歯になってしまう可能性が、高くなってしまいます。

歯並びって治した方がいいの?見た目だけの問題ではない!

 

⑥インフルエンザなどの病気になりやすくなる

口から息をすると
細菌が直接ノドに入ってしまいます。
鼻から息をすれば鼻毛がフィルターとなって、
細菌をキャッチしてくれるだけでなく、
温まった空気を肺に入れることができます。

 

歯みがきを丁寧にすると良いことだらけ?歯科衛生士が詳しく解説

 

⑦いびきの原因になる

口周りの筋肉(ベロも含め)が弱い
寝ているときに、
のどにベロが落ち込んでしまい、
いびきの原因になります。
いびきが深刻になると
完全にベロがのどをふさいで、
無呼吸症候群になりやすいのです。

https://dental-hygienist.site/snore


対策・まとめ

水

 

こんなにデメリットがあるなんて、
驚きだったかもしれませんね( ;∀;)

まずは口を閉じるように「意識すること」が大切ですが、
口周りの筋肉が弱いとすぐに開いてしまいがち(´;ω;`)ウッ…

ブクブクうがいを上下左右しっかりお水を入れてすることで、
口の周りの筋力アップできます!

一日に何度でも、疲れるくらいやってみましょう。
口周りの筋力がついて、口が自然に閉じられるようになりますよ。

 

【必見!】意外と知らないうがいの正しい方法!

 

エステや美容整形へ行く前に・・・どうやったら小顔になれる?

 

口臭を治すにはどうしたらいいの?[動画付き]歯みがきの仕方は?

 

【徹底比較】ホワイトニングの効果、かかる時間、値段は?歯科衛生士目線でお答えします

最後までお読みいただき本当にありがとうございました(^^)
ぜひ気軽にコメントください!

少し下の関連記事も参考にどうぞ(^^)