歯医者行ったばかりなのに痛い?そんなことありませんか?

読了目安:[3 分]

歯医者行ったばかりなのに痛い?

雪と犬

むし歯の治療って、本当に嫌なものですよね(;_;)

でも歯が痛いから、がんばって治療したのに、まだ痛いなんて・・・。

 

なんで?と思っても不思議ではありません。

 

実は、痛みが出ることは歯医者さんにとって、想定内のことなんです。

だったら前もって説明してよ、ですよね。

 

すみませんm(__)m

代わって私が謝ります。

 

ここで痛みの出る原因とこれからどうなるかを、改めて説明しますね。

なぜ痛いの?

 

歯の神経の炎症が、残っているからです。

 

歯が痛くなってむし歯に気がついた場合、むし歯の菌が、
歯の神経の近くまで行っていたと考えられます。

 

人の体は、菌や刺激に反応して、血液の一部が菌を攻撃しようと集まってきます。
それが「炎症」という反応です。

 

歯の神経が炎症を起こして痛みが出ているので、麻酔をして、
むし歯に感染しているところをきれいに削り取ります。

麻酔なしでは痛くて治療できないからです。

 

歯の神経は、取ってしまうと歯がもろくなってしまうので、残せるものなら残したいもの。
むし歯に感染しているところを削って、神経まであともう少し、、、
という所までいくことがあります。

ギリギリ神経までむし歯が及んでいなければ、むし歯を削った穴の中に、
神経を保護する材料を敷いてから、詰め物をします。

 

これでひとまずその日の治療は終わりますが、麻酔が覚めても痛いのは、
神経の炎症がすぐには治まらないからなのです。

 

 

痛みが治まる場合

 

歯の神経の炎症は、炎症の原因がなくなれば、通常、少しずつ治まってきます(^^)/

冷たいものがしみなくなり、普通に食べ物が噛めるようになります。

 

1回目の治療で、痛みが落ち着いてくることが見込めるときは、
最終的な詰め物までしたり、型取りまでします。

 

痛みが治まらない場合

 

残念ながら、歯の神経の炎症が治まらないので、痛みが続いてしまっています。

冷たいものはもちろん、熱いものまでしみたり、食べ物を噛んだ時も痛みがあるのは、
神経へのダメージが大きく、神経が限界を迎えている証拠です。

 

歯の神経を取れば痛みから解放されますので、歯医者で神経の治療を受けることになります。

 

むし歯は大きくなればなるほど、
患者さんにとって厄介な治療になってしまい、時間もお金もかかります(;_;)

デンタルフロスや食べ物が挟まりやすいなど、
何となく違和感を感じる段階で治療をすれば、簡単に終わりますよ。

 

一番いいのは、歯医者へ定期検診を受けに行って、見つけてもらいましょう!

 

 

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました(^^)
ぜひ気軽にコメントや質問ください!

少し下の関連記事も参考にどうぞ(^^)

<sponsored link>