【歯科衛生士あるある】歯科衛生士がやりがいを感じるのはどんなとき?やりがい5選!

【歯科衛生士あるある】歯科衛生士がやりがいを感じるのはどんなとき?やりがい5選!

 

読了目安:[3 分]

 

はじめに

 

ガッツポーズ

 

歯科衛生士って、ハードなわりにお給料はそんなに高くないし、

人間関係が結構むずかしいし・・・たいへんな仕事です(;o;)

 

それなのになぜ、歯科衛生士になり歯科衛生士の仕事を続けられるのか。

 

ズバリ、「やりがい」を感じるからなんです!

 

もちろん、経済的や人手不足で仕事を続けている歯科衛生士もいますが、

やりがいが少しでもなくては続けられないと思います(>_<。)

 

現在では歯科衛生士の資格をもっている現役世代で、

4割が正社員またはパートで、バリバリ仕事をしているとのこと。

結構な人数の歯科衛生士がなんらかのやりがいを感じて、

頑張っているんですよね(^。^)

 

では歯科衛生士は、どんなことにやりがいを感じるのでしょう(^ω^)

代表する歯科衛生士のやりがいを、5つ挙げました!

 

 

歯科衛生士やりがい① 患者さんに喜んでもらえる!!

 

歯科衛生士として仕事をしていて、一番やりがいを感じる瞬間☆彡

それは何といっても、患者さんに

「ありがとう、さっぱりしたよ」・・・スケーリングやポリッシングのあと
「痛いのが治って嬉しい」・・・感染根管の治療のあとで
「悪いところを教えてもらって安心した」・・・ブラッシング指導のあと
「たのしかったー(^o^)」・・・小児の導入トレーニングのあと

 

ありがたいことに、感謝の声を日々、聞かせてもらえたときです。

 

社会生活をしていると、どこでもお金を支払う側が強い立場にあり、

お金を受け取る側は弱い立場であることがほとんどです。

お金を支払う側は、たくさんある選択肢から納得したものを選んで、

その対価としてお金を支払うのは当然のこと(^。^)

 

だからお金を支払う側が、受け取る側に対して、

「買ってくれて、ありがとうございます。」と言いますよね。

 

でも医療などのサービスを提供する仕事って、お金を受け取るだけでなく、

「ありがとう!」と感謝までしてもらえる仕事なんですよね(^o^)

 

たとえ、ことばがなくても、治療のあと満足した表情であるならば、

「よかった(*^_^*)」

歯科衛生士としてやりがいを感じます!

 

 

でも、患者さんから感謝されることを決して当たり前に思わないで、

「こちらこそ、来てくれてありがとうございます!」という気持ちを、

いつも忘れないでいたいなと思います。

 

 

歯科衛生士やりがい② 達成感を感じられる!!

 

大喜び

 

歯科衛生士だけでなく仕事って、一つ一つ業務を進めていくなかで、

大小いろいろな目標を達成していくと、

達成感・満足感・幸福感が得られてやりがいを感じますよね(^ω^)

 

歯科衛生士の業務の中でも、

スケーリングや歯科診療補助に達成感を感じる人が多いようです。

硬ーい歯石がポロッときれいに取れた瞬間、「ヨッシャー!!!」みたいな・・・

 

診療の補助でも、歯科医師とあうんの呼吸で器材や材料を手渡して、

美しいほどスムーズに治療が終わると、

これまた「ヨシッ!!」と心の中でガッツポーズ。

やりがいを感じるひとときです。

(わたしだけ?ではないですよねっ(^o^))

 

1日の診療で、患者さんをお待たせせずに診療が進んだ!とか、

印象がきれいに採れた!とか、

小さな達成感の積み重ねで、すごく歯科衛生士としてのやりがいを感じます。

 

認定歯科衛生士に合格した!
主任に昇格!
勉強会の発表が大成功!

 

大きな達成感も苦労したぶん、大きなやりがいを感じるんですよね(^ω^)

 

歯科衛生士やりがい③ 院長やスタッフに褒められる!!

 

 

大人になっても褒められるのって、うれしい(^ω^)

 

「褒めて伸ばそう」という子どもの教育方針はよく聞くと思いますが、

大人になっても褒められると、子どものとき以上にうれしい気がします(^^ゞ

 

考えてみれば大人の世界って、

できて当然、できないと「は?」みたいなところ、ありませんか?

できないことに対するダメ出しや、失敗をなじられることはあっても、

できていることに対して褒められるって、少ないんです(>_<。)

 

「患者さんの説明、わかりやすいですね」
「すごく治療しやすいアシスタントだったよ」
「きれいなテックで、患者さんにピッタリ付けられました」

 

なんて歯科医師に褒めてもらえると、

大人だって、ものすごーくやりがいを感じます(^^)v

 

褒めるって意外に恥ずかしかったり、不自然になったりもしますが、

プラスの思いを伝えるって意識しないとなかなかできません。

スタッフ同士でもどんどん褒め合って、

やりがいを感じる頻度をアップしましょうよ!

 

 

歯科衛生士やりがい④ がんばりがお給料に反映する!!

 

お金

 

 

なんだかんだ言っても、やっぱりお金も大事ですよね(^o^)

そこがボランティア活動とは違うところ。

 

頑張った評価を、言葉だけでなく「昇給」としてお金で表現してもらえると、

認められた感が高まってやりがいを感じ、もっと頑張ろうと思えます!!

 

嬉しい言葉をたくさんもらえても、

昇給しなかったり、ほんの少しだったりすると、

ガックリして頑張りたい気持ちが萎えます。(;_;)

 

たとえ金額が多くなくても、数字に評価が反映されてることが大事で、

やりがいを感じるんですよね!

 

 

 

歯科衛生士やりがい⑤ 勉強すると奥が深い!!

 

 

当たり前ですが歯科衛生士の勉強って、

国家試験に受かって終わりではないんですよね(>_<。)

 

実際、仕事をしながら改めて学ぶことって本当にたくさんあって、

「なるほどこういうことかー」

知識の点と点が結びついて線になったとき、ものすごくやりがいを感じます。

 

しかも補綴・予防・小児・審美・歯周病などなど・・・

それぞれの分野で奥が深い!!

知れば知るほど自分の中に引き出しがたくさんできて、

実際の診療で、自分の引き出しからサッと知識が出せると、

ホントにやりがいを感じますp(^^)q

 

医療の現場も日々に新しい情報が入ってきます。

古い知識を新しいものに替え、歯科衛生士の引き出しをいつも整理して、

いつでも患者さんに活用できるようにしたいですね!

 

たくさん、やりがいを感じよう!!

 

 

いかがでしたか?

歯科衛生士ならではの「あるある」だけでなく、

他の仕事でも通ずることも多かったかも(^^ゞ

 

歯科衛生士の方々が、改めて少しでもやりがいを感じて欲しいなあと思い、

こんな記事を書いてみました(*^_^*)

 

「いまの医院では、どうもやりがいは感じられそうにない・・・」

お悩みの方は、転職エージェントで相談してみることをお勧めします!

無料で専門のスタッフが、丁寧に対応してくれますよ(^o^)(私も登録しています)

ここでは2つ紹介しますね!!



 

 

さあ、明日も笑顔で頑張りましょう!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)
ぜひ気軽にコメントや質問ください!

少し下の関連記事も参考にどうぞ(^^)