歯を白くする色々な被せもの5選を徹底比較!

歯を白くする色々な被せもの5選を徹底比較!

読了目安:[5分]

歯を白くする色々な被せものを比較してみました

最高に美しい富士山

よく引き合いに出しますが、芸能人の歯は、

真っ白ですよね。

天然で白い人も、もちろんいますが、

40歳以降はほとんど天然でないように思います。

 

ホワイトニングは、神経のある歯を白くする方法ですが,
ホワイトニングの効果、かかる時間、値段は?

神経のない歯や、神経があってもむし歯の範囲が大きい歯は、

白い被せものをします。

白い被せものには、いくつか種類があるので

ご紹介します。

 

比較すると、それぞれに特徴があります。

歯科医院によっては、材料の「商品名」で説明するところもありますので、注意してくださいね。

オールセラミックだと思って作ってもらったら、
実はハイブリッドだった、ということもあります。

 

どおりで金額が安いはずだ・・・なんてことも(;_;)

 

商品は、下記の種類のいずれかにあてはまりますので、遠慮なく質問して、
納得のいくものを選んでください。
保証を付けるところも多いですよ(^^)

 

 

硬質レジン前装鋳造冠(3割自己負担で7000円くらい)

 

利点

金属の被せものの表側に、
白いプラスチックのようなレジンを貼ったもので、健康保険が適応されます。

 

欠点

・ツヤがなくなり黄ばんで来ます。

・歯ぐきが下がってくると、金属の色が見えたり、歯ぐきが黒く変色することがあります。

・健康保険の規定で、前歯6本にだけ適応され、奥歯にはできません。

 

ハイブリッド(60,000円~)(治す歯により保険適応になることもあります。)

 

利点

・プラスチックのような人工樹脂と、セラミックの粉を混ぜて作られ、保険適応外ではありますが、比較的安いです。

・金属アレルギーの方に安心です。

・硬さが天然の歯に近いので、対合する歯への負担が少ないです。

 

欠点

・噛み合わせが強いと、割れることがあります。

・時間が経つと、飲食習慣によっては黄ばんでくることがあります。

 

メタルボンド(100,000円~)

 

利点

・金属の被せものの表に、白いセラミックを盛ったもので、自分の歯の色に合わせて作ることができます。

・天然歯に近い色とツヤがあり、変色しません。

・割れたり欠けたりすることはありません。

 

欠点

・金属アレルギーの方には不向きです。

・歯ぐきが下がってくると、金属の色が見えたり、歯ぐきが黒く変色することがあります。

 

 

ジルコニア(80,000円~)

 

利点

・強度が高く、割れません。

・ツヤがあり、変色しません。

・歯ぐきが黒く変色することはありません。

・金属アレルギーの心配はありません。

 

欠点

・真っ白で透明感がないので、奥歯にしかできません。

・非常に硬いので、対合している歯に負担がかかることもあり、
噛み合わせの綿密な調整が必要です。

 

 

オールセラミック(120,000円~)

利点

・白いジルコニアとセラミックの二重構造になっていて、強度と自然な色合いを兼ね備えています。

・自分の歯の色に合わせて作ることができます。

・天然歯に近い色とツヤがあり、変色しません。

・歯ぐきが黒く変色することはありません。

・金属アレルギーの心配はありません。

 

欠点

・ほかの材料に比べて、金額が高いです。

 

 

まとめ(^^)/

 

白い歯は、素敵です。

 

でも被せものを作り直すごとに、土台になっている自分の歯の根に負担がかかります。

最善のものを選んで、長く美しく使うことをお勧めします。

私は迷わず、オールセラミックを選びますね(*^_^*)

 

 

なにか困ったことがあったら私にも質問くださいね(^^)/ではでは

最後までお読みいただき本当にありがとうございました(^^)
ぜひ気軽にコメントや質問ください!

少し下の関連記事も参考にどうぞ(^^)