【知って安心!】子どもの治療に「ラバーダム」って本当に必要なの?

 

読了目安:[4 分]

 

 

はじめに

 

バルーンアート トイプードル

「わざわざ何故、あのゴムのマスクを歯にかけるんだろう。」

そう思ったことはありませんか?

 

なんだか歯が締め付けられて違和感があるし、

口をふさがれて息苦しい感じだし・・・(×_×)

 

子どもにラバーダムをやるよと言うと、

本人だけでなく見守る保護者も不安顔に・・・。

こんなふうにウケも良くないうえに、

手間や材料代がかかるのに、収入にならないラバーダム。

大学病院はしっかり基本に則って行いますが、

ほとんどの歯科医院は省略する医院が多いのが現実です。

 

でも実際は、

ラバーダムは大人の歯の根っこの治療や、子どものむし歯の治療には、

欠かせないものなのです!

 

それには深―いワケがあるからなのです。

 

ラバーダムって、どうなってるの?

 

折り紙くらいの大きさのゴムのシートに、

小さな穴を開けて、治療する歯や保持する歯を通し、

クランプという小さな輪っか状の金具で留めます。

 

シートの4隅を枠に引っかけてピンとさせ、お口にマスク状に被せます。

複数の歯を治療するときは、マスクが浮き上がらないように、

歯をデンタルフロスで結びます。

 

通常は、2,3分でラバーダムをかけることができますよp(^^)q

ただ泣いてる子どもにやるのは大変なので、少し時間がかかります。

でも泣いているからこそ、しっかりやっておかないと、

思わぬ事故につながることもあるので、安全のためご理解くださいm(__)m

 

これから、具体的に理由をお話ししますね。

色えんぴつから芽生え

患者さんのため① 薬液や削りカスが、ノドに入らない

 

治療では、歯を削ったり消毒して、きれいにしてから詰め物をします。

そのとき歯からでるむし歯の削りカスや薬液を、バキュームで吸いとりますが、

どうしてもノドの方へ流れていってしまいます。

 

でもラバーダムがあると、シートで仕切られているので、

削りカスや薬液がノドに流れにくくなり、

患者さんの不快感を軽くすることができます。

 

「ラバー」はゴム、「ダム」は堤防、の意味ですので

しっかり役目を果たしてもらいませんとね(^ω^)

 

患者さんのため② 舌や頬を巻き込まない

 

歯に周りは、舌や頬、歯肉などの軟らかい組織でおおわれていて、

患者さんが急に動くと、周りの組織を器具で傷つけてしまう恐れがあります。

 

特に子どもは突然あばれることもあり、そのうえ口が小さいので、

どうしても治療に危険がともないます。

ラバーダムが、歯の周りの組織にフタをした格好になっているので、

安全に治療できます。

 

患者の目的③ 誤嚥を防ぐため

 

子どもは泣くとき、すごい勢いで息を吸い込みます。

治療で使うロール綿などで簡易的な治療をすると、

不意に吸い込んでしまうこともあり、

気管に詰まると窒息してしまいます。(他院で事故の例があります)

 

ラバーダムは歯にしっかりとシートを固定しているので、

吸い込む心配はありません。

 

歯医者のため④ 唾液が入らないようにする

 

唾液には、水分だけでなく雑菌も混じっています。

治療のときに唾液が入ると、材料が固まらなかったり、

歯の中に雑菌が入って治療がうまくいかないこともあります。

 

唾液をせき止めることで、治療の精度が格段に上がります。

 

歯の根っこの治療をするときは特に、

根っこの中を無菌状態にしたいのに唾液の浸入によって

細菌が入り込み、治りが悪くなります。

 

「治してもらったところが再び病気になった」

という原因の一つでもあります。

 

歯医者のため④ 治療する歯を見やすくする

 

口の中は狭いのに複雑で、細かい作業をするのがとても難しい環境です。

治療する歯だけがシートから出ていると、

とても見やすくなり作業を精密に進めることができます。

 

 

歯の根元を金具や糸でおさえるので、少し違和感はありますが、

安全で確かな治療をするにはラバーダムはとても大切な方法です。

特に子どもに必要性が高く、

省略すると時間や体への負担がかかってしまいます。

4歳くらいからできますので、

ラバーダムをして治療することをお勧めします。

 

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました(^^)
ぜひ気軽にコメントや質問ください!

少し下の関連記事も参考にどうぞ(^^)

<sponsored link>