【パパ・ママ必見】5歳で大切な知っておくべきこと!歯・癖・先天的異常 そこが知りたかった!

【パパ・ママ必見】5歳で大切な知っておくべきこと!歯・癖・先天的異常 そこが知りたかった!

 

5歳(^^)

虹

こんにちは
歯科衛生士なつこです。

5歳の子供といえば、
来年は小学生ということもあり、
行動範囲がますます広がって
色々な物を食べたり飲んだりする
機会が増えていることでしょう(^^)

そんな5歳の子供にとって、
歯科衛生士の目線から、
大切なことをいくつかあげようと思います(^^)/

5歳のお口の中は、
むし歯だけではなく歯並びや悪い癖、遺伝的(先天的)なことなど、
見逃してはならない大切なこと
が、
いくつもあるって知っていました?!

ぜひ子育て中のパパやママに知ってもらいたい、
5歳のお口について、ご紹介しますp(^^)q

 

①永久歯が生え始めることがあります

歯のイラスト

比較的体格のいい子どもは、
下の真ん中の前歯が生え変わります。
また、20本の乳歯の後ろから、
「6歳臼歯 」と呼ばれる 永久歯が生えます。

 

乳歯が癒合歯 ・癒着歯 参照:子どもの歯の異常まとめ↓
あとの永久歯など、
顎の中にまだ埋まっている
永久歯の数をまだ調べていないならば、
顎全体の レントゲン写真を撮って
あらかじめ歯の数や形を確認すると良いでしょう。

 

先天的に歯の数が少ない
または、逆に多いなどの異常を
早期に発見すると
今後の治療計画が立てられます(^^)

 

【パパ・ママ必見】大人の歯医者に、子どもを連れて行ってはいけないの!?

【パパ・ママ必見】これだけは知っておいて!子どもの先天的な歯の異常13選!

 

②奥歯にむし歯ができやすいです

むし歯くん

6歳臼歯(第一大臼歯(きゅうし))は、
手前の乳歯の後ろ側に沿って生えようとしますので、
手前の歯が少し押されてこれまで以上に
歯と歯がくっつくので、
歯と歯の間から、むし歯になりやすいです。

 

③小学校入学前に 歯科検診を受けておきましょう

一年生

奥の乳歯の溝は深く、
とてもむし歯になりやすいので、
歯医者で
「シーラント」という予防のための
プラスチック状の詰め物をしておくと良いです。
(保険適用)

 

むし歯予防に効果テキメン!みぞ埋めのシーラント!あと注意事項は?

 

6歳臼歯も溝が歯ぐきから出てきたら、
早いうちにシーラントでむし歯予防をしましょう(^^)

 

まだまだ言いたいことはありますが、
とりあえず私が言いたいことは
「小児歯科(子ども専門の歯医者さん)に行ってください」
ということです。

④子どもは小児専門医へ(子ども専門の歯医者さん)

小児歯科

 

小児歯科専門医(子ども専門の歯医者さん)に
診てもらうことをおすすめします。
専門家に見極めてもらうことが、ベストです。
普通の歯医者はおすすめしません。

「小児歯科」と看板を出すことは違法ではないので、
小児専門でない歯医者さんも、子どものお口を治療することはできます。
でも子どもの成長に合わせた深い知識や技術が、十分でないこともあります。

(ちなみにわたし小児歯科専門医のいる医院で
働き始めてこれらの知識を得ました。
それくらい普通の歯医者さんは
子どもの歯について知らなかったりするのです。

小児歯科専門医の見つけ方は
「小児歯科 専門医 地元の名前」
で検索してみてください。
少し遠くなってしまうかもしれませんが
背に腹は代えられません。

なぜなら、
普通の歯医者は
コンビニの約1.5倍ありますが
小児歯科専門医のいる歯医者は普通の歯医者の約200分の1ですΣ(・□・;)
なので、遠くなってしまうかもしれないのです。

それでも子ども専門なので
知識と経験の量が全然違います。
泣く子をあやすのも上手いでしょうし、
最善を尽くしてくれるはずです。

 

 

⑤ 悪い癖は直しましょう

頬杖をつく子ども
やはり悪い癖は、
これから生えてくる
永久歯(大人の歯)に悪影響を及ぼします。

爪噛みや
下唇を噛む、

お口をポカンと開けている、
舌先を出す、
食事の時クチャクチャ音を立てる、
頬杖をつく、
うつぶせに寝るなど 、
5歳になってもまだ治らない癖があるならば 注意が必要です。

これが結構おおい!
直すのは今のうちです。歯並びにとても影響してしまいます。

歯並びや歯の交換
とても関係が深いので
周りの方が少し気をつけて
子どもの様子を見ましょう(^^)/

 

【パパ・ママ必見】危険な子どもの悪癖!知らないと大変なことに?

【パパ・ママ必見】子どもの悪癖の直し方!!専門家の裏技を教えます!

 

⑥上唇小帯と 舌小帯 の 異常に対処する

舌を出す子

「上唇小帯」とは、
上唇の裏側の歯ぐきと繋がった細い筋です。
この筋が上の前歯に
近いところまであると前歯の
間が空きやすくなってしまいます。
こちらを参照

 

また「舌小帯」とは、
舌の裏側の 筋で
この筋も 前の方についていると
舌は上に上がらず
発音や歯並び、
いびきなどに影響します。

 

小学校入学までに
筋の状態が改善しなければ、
簡単な治療によって筋を少し切ることをお勧めします。

 

反対咬合(受け口)への対処

 

「乳歯の歯並びで反対咬合だからって、
永久歯の歯並びも反対になるとは限らないから、
様子を見ます。」

なんて悠長なことを言っていたら遅すぎてしまいます(;o;)

とくに癖だけでなく遺伝的要素も大きい子は、
早めに対処をすることで、改善しやすくなります。

小まめに見守っていく必要はありますが、
顎の成長とともに顕著になって治しにくくなるので、
子どものためには早め早めの対処が重要ですよ!

 

⑥定期検診に3~4ヶ月に一回行こう

海!

永久歯(大人の歯)への生え変わりへ向けて、
お口の中がこれからどんどん変化していきます。

お家の方がその変化に気づけば良いのですが、
見落としてしまうことも少なくありません(>_<)

変化の目まぐるしいこの時期からは 、
これまで以上に定期検診を
こまめに受けて(3~4ヶ月に一回が目安)、
変化に対応していきましょう。

 

 

【パパ・ママ必見】6歳で大切な知っておくべきこと!矯正・歯並び、気になるところ!

 

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました(^^)
何かあればぜひコメントください!

少し下の関連記事も参考にどうぞ(^^)
皆さんに歯医者でしか聞けなかった貴重な情報を
伝えられるよう日々精進しています(*^^*)