むし歯予防に効果テキメン!みぞ埋めのシーラント!あと注意事項は?

2018年1月21日

 

シーラントを、ママたち良く知らないみたい(>_<)

宇宙の地球

「今日はシーラントしますね。」と
歯科衛生士にサラッと言われて、
「あ、はい、わかりました・・・」と、
子どものためになったんだろうな~
ぐらいに思って帰る、
そんな経験はありませんか?

今回はシーラントの
↓目的
↓注意事項
↓効果
↓対象の子ども
↓付け方
をささっとご紹介します!
知っているだけで安心ですよ(^^)

シーラントの目的は?

空に向かって

シーラントは、
むし歯になりやすい歯の溝を、
プラスチックのようなもので
埋めるものです(`・ω・´)9

 

乳歯(子どもの歯)も
永久歯(大人の歯)も、
奥歯の溝は深いので、
そこに汚れが残ってむし歯になってしまいます(>_<。)
(参照 むし歯になるの?

 

そして永久歯の上の前歯も、
裏側にとても深い溝があって、
痛いと思ったときには、
かなり深いむし歯になっていることがあります(>_<)

 

これらを予防するために、
あらかじめ溝を埋めて、
汚れをたまりにくくするのです(^^)

 

 

シーラント後の注意事項

 

キャラメル

シーラントをつけた後すぐに、
食べたり飲んだりしても大丈夫です。

気をつけて欲しいことは、
硬いアメや氷をガリガリ噛んで食べると、
シーラントが欠けてとれてしまうことがあります。

また、
キャラメルやハイチ○ウでも、
くっついてとれてしまうことがあります。

そして子どもに多い歯ぎしりも、
歯が揺れることでシーラントが
弾け飛んでしまうこともあります。
(参照 なぜ歯ぎしりするの?原因と解決法!

 

取れたり欠けたりしたところから、
むし歯になってしまうこともありますので、
ときどき歯医者さんでチェックしてもらってくださいね!

 

シーラントはむし歯予防にかなり役立つ

乳歯と永久歯

シーラントは、
むし歯予防のために
フッ素と同じく、とても有効な方法です。

そして、シーラントには、
フッ素が含まれているものがあり、
少しずつフッ素を放出して歯の質を硬くしてくれます。
両方やれば、最強です!

(参照 フッ素とは?フッ素入りの歯みがき粉を使った方がいいの?
(参照 フッ素の種類

 

どんな人が対象?

子どもたち

基本子どもが対象です。

健康保険の決まりで、
「歯が出てから間もなければ」
シーラントをやってもらえる決まりですので
とのことですので、
シーラントは早めにやってもらってくださいね。

 

最後に、シーラントをつける流れを紹介!

シーラントづくり

簡単にお医者さんが
どうやってシーラントをつけるか
流れだけ説明しますね(^^)

①歯の溝をきれいに清掃します。

②溝の表面に薄い酸をぬって、
少しだけ溶かします。
これはシーラントの材料を、
しっかり溝にくっつけるためです。
またむし歯菌の殺菌効果もあります。
そして余分を洗い流します。

 

③かみ合わせに影響しない程度に、
溝にシーラントを流します。
歯の溝はとても細かく複雑なので、
一本一本慎重におこないます。
そして、特殊な光をあてて固め、
確認したら終了です。

シーラントの色は
ピンク
透明

などがあります。

 

 

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました(^^)
ぜひ気軽にコメントください!

少し下の関連記事も参考にどうぞ(^^)
皆さんに歯医者でしか聞けなかった貴重な情報を
伝えられるよう日々精進しています(*^^*)

 

 

 

Posted by natsuko