ドライマウスの原因と対策をお教えします!

ドライマウスの原因と対策をお教えします!

読了目安:[3 分]

あきらめるにはまだ早い!対策あります!

燃える女性

口や唇が乾きやすくて、飲み物やリップクリームは必需品・・・と、

あきらめている方はいませんか?

 

ドライマウスを改善する簡単な方法があるのでご紹介します!

 

 

 

まず、なぜ口が渇きやすいのかというと

 

 

・口が開いている・口呼吸

・加齢(60歳で唾液量が半減)

・糖尿病・腎臓病・唾液腺などの病気

・薬の副作用(花粉症・高血圧・うつなど)

・ストレス・喫煙・飲酒

などなど、があげられます。

 

 

 

 

口を閉じる

 

 

意外に口が開いたままの方が多いです。

特に子どもで唇が乾燥している子は、お口をポカンと開いています。そして前歯が出ています。

お口が開いてしまうのは、鼻が詰まっているからというより、
唇の筋力が弱いことが原因であることが多いです。

口呼吸を小さいときからしていると、鼻の空気の通り道が狭くなっていくことも、
より口呼吸、口が開いている、という状態にしてしまいます。

単純ではありますが、まずは「口を閉じる」という意識を持つことが肝心です。

どうしても無意識にあいてしまうなら、唇に、包帯を止める医療用のテープを貼るとよいです。
原始的な方法ですが、意識が唇に向き、だんだん筋力も付いて閉じられるようになります。

(参照 意外と知らない「口を開けてる」7つのデメリット・原因と対策!
(参照 意外と知らないうがいの正しいやり方!

 

 

 

舌を動かすと口が潤う!

 

舌を少し動かすことで、口の中が潤います。

舌の下にある唾液腺が刺激されるからです。

唾液腺は、口の中にいくつもありますので、
舌をグルリと回して舌先で刺激することでも唾液が出ます。

(参照 5秒からできる舌のトレーニング!小顔・イビキ・滑舌などに効果的!

 

 

唾液腺マッサージ

 

 

唾液腺は、お口の中にいくつもあり、
大きな唾液腺を外側から刺激することでも分泌しやすくなります。

(参照 知ってなるほど!唾液の驚くべきパワー!

 

マスクをする

 

手っ取り早い方法ですが、それなりの効果はあります。
吐いた息の湿気で口を潤すので、乾燥を軽減できます。

(参照 風邪を予防するためにはなにしたらいいの?徹底解説!

 

 

どうしても口がずっと乾燥してしまう方は

対策をしても改善しない時は、迷わず「内科」を受診しましょう。

これまで気付かなかった病気のサインかもしれません。

薬の副作用が強い場合も、かかりつけの内科の先生に相談することをお勧めします。

 

 

 

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました(^^)
ぜひ気軽にコメントや質問ください!

少し下の関連記事も参考にどうぞ(^^)