【必見】就活で大事なポイントとは?現役20年の歯科衛生士が教えます!

【必見】就活で大事なポイントとは?現役20年の歯科衛生士が教えます!

読了目安:[5分]

現役の歯科衛生士が教えます!

【必見】就活で大事なポイントとは?現役20年の歯科衛生士が教えます!

就活って本当に大変ですよね(;_;)

自分の希望するポイントをしっかり押さえて就活しないと、

たくさんの情報で混乱してしまいます。

そこで私自身だけでなく、

就活を何度か経験した友人や知人の話から、

歯科衛生士の目線で、ポイントをまとめました!

転職活動を長く続けるのは時間がもったいないですし、

精神的にも疲れてしまいますので、

できるだけ効率よく就活できる方法を、

ポイントを押さえてご紹介したいと思います٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

歯科の専門分野を選ぶ

一般歯科のほか、矯正、審美、口腔外科、小児など、

歯科でも専門分野がありますが、

自分の特性を生かせる専門分野がいいと思います。

例えば,

美容に興味があるなら、矯正や審美が向いています。

子ども好きなら、小児歯科、

最先端医療を提供したいのであれば

インプラントに力を入れている歯科医院がいいと思います。

一般歯科は、いろいろなことに広く対応することになりますが、

おもにはむし歯や歯周病の予防・治療で、

歯科衛生士は、歯周病の治療やメンテナンスをすることが多いです。

就活で歯科医院を調べるとき、

ホームページを検索すると院長の紹介が載っています。

その経歴や歯科医師会の加入、学会への参加状況などを確認すると、

どういった分野に力を入れている歯科医院なのか大体わかります。

まずは歯科衛生士としてどういった分野に興味があるのか、得意なのか、

そして、やりがいを感じるか、好きなのかを、

見つめ直して就活することをお勧めします。

私は長年、一般歯科で 仕事をして歯周病に関わっていましたが、

途中から全く興味がなくなり、それより小児に興味をもち、

子ども成長に合わせたお手伝いを、

歯科衛生士としてさせてもらいたいと強く思いはじめ、

小児歯科に力を入れているところへ転職しました。

それまでやってきた一般歯科での小児への対応と、

全く次元の違う、「質の高い医療の提供」を患者さんにしていて、

衝撃を受けたことを今でもハッキリと覚えています。

ポイント
やりがいを見出しやすい分野を探してみよう٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

場所の範囲を決める

【必見】就活で大事なポイントとは?現役20年の歯科衛生士が教えます!

通勤時間にどのぐらいまでかけられるかを決めます。

また交通手段は電車か車か 自転車か、可能な範囲を決めておきましょう。

私は独身時代、

自宅から1時間以内であれば、どこでもかまわないと考えていました。

距離よりも、仕事の帰りに遊べるところが良かったからです。

でも結婚してからは、

通勤時間は30分以内を限度として就活しました。

家事と育児をしながらのパート勤務ですから、

時間を効率よく使いたかったんです。

交通手段は何でもいいので30分以内!

という枠は、絶対に譲れません。

ポイント
勤務先と自宅との距離を考えるのは、結構大事なポイント(^◇^)!!!

時間帯を考えよう٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

時間帯も大切な ポイントの一つです。

朝8時半から休憩を挟んで18時までとか、

朝10時から20時まで、12時から21時までなど、

歯科医院によって診療時間が異なり、

また曜日や他の人とシフト制などもあります。

私はどの時間帯なら動けるのか、通勤時間も含めて考えました。

子供が小さいうちは、幼稚園や学校へ行っている午前中だけ、

子供が大きくなってくるに従い、午後も仕事をするようにしました。

そして中学生になった頃に社員として働くようになりましたが、

夜遅くなるのは避けたかったので、18時までのところで仕事をしました。

生活スタイルに合った時間帯で、長く働きたいですよね(^。^)

ポイント
自分の生活スタイルにフィットする時間帯を選ぼう٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

年収で考えよう( ´ ▽ ` )

あえて年収としたのは 、

常勤社員の場合1ヶ月の給与がいくら良くても、

ボーナスが 少ないことがあります。

基本給の3ヶ月と求人広告に載っていても、

実際は基本給が非常に少なく、

衛生士手当や皆勤手当といった手当で、

一か月の給与が設定されていることも少なくありません。

パートの場合は、単純に時給×労働時間ですので、

自分の希望に見合った時給がもらえればいいと思います。

仕事の内容にもよりますので 、

欲張りすぎてもいけないし、謙虚過ぎてもいけないと思いますよ。

ポイント
ボーナスも含めた、年収単位で計算しよう٩( ᐛ )و

医院長の人柄、医院の雰囲気を感じとろう!!(๑╹ω╹๑ )

非常に大切な要素だと思います。

院長をリーダーとして、

チームでそれぞれの特性を活かしながら行う仕事ですので 、

個性が頻繁にぶつかり合い、

チームとして成り立ちにくい環境では、

本来の歯科衛生士としての能力を発揮することができません。

一番大事なのはリーダーである院長が、どのような性質であるのか、

また、その下で働いているスタッフは、院長をどのように見ているのか、

院長はスタッフを大切にするのか、それとも自分の利益を最優先するのか、

面接の短い時間では、人間関係がうまくいきそうかどうかはわかりにくいものです。

私の個人的な経験から、

いくつかの見極めポイントを こちらのサイトでご紹介していますので

参考にしてみてくださいね。

【就活・転職】働く前に見極めろ!医院の電話・面接のチェックポイント

ポイント
医院の雰囲気を感じ取れれば、人間関係で悩むことが少なくなるはず( ^∀^)!!

福利厚生はしっかりしているか?

福利厚生、院内環境、設備などです。

まず、福利厚生とは健康保険や年金の加入についてです。

自己負担は、国民保険と社会保険に毎月の支払額はそれほど差はありませんが、

一年に一度は受けたい人間ドックの自己負担金や、

病気療養する際のお見舞い金など、 健康保険組合によって差があります。

また国民年金は厚生年金も、自己負担額はそれほど変わりませんが、

国民年金は厚生年金に比べて受け取り金額が少なくなりますので、

どこまで妥協できるかを、自分の中で決めておきましょう  (> <)

【徹底比較】ママ歯科衛生士の税金・保険・年金について。賢い働き方は?

院内環境と設備はいい感じ??

院内環境は、個人的な好みもありますが、

狭い、派手すぎる、ものが多い、など

長い時間を働く環境として、ストレスを感じるところもあります。

以前、少しお手伝いをした歯科医院は診療室に窓がひとつもなく、

外が明るいのか暗いのかすら、わからないところで、

とても息苦しさを感じました(・_・、)

設備は、古いものばかりで修理に手間がかかる、

逆に、新しいものばかりで対応するのが大変、など、

これも個人的な好みがあるかと思います。

私の個人的な意見を多く盛り込んでしまいましたが、

生きた情報は多いほどいいとと思います。

参考にしてくれたら嬉しいです(=゚ω゚)ノ

実際の就活は?

就活のポイントが絞れたところで、

就活専門のプロに相談することをお勧めします!!

もちろん、知り合いの方や学校の紹介もいいのですが、

いま、たくさんの就活サイトが歯科衛生士の就職を応援してくれます。

歯科衛生士求人情報
JobMedley

インターネット上の情報を見て回るほか、

自分の希望条件を登録をしておくと、歯科医院とマッチングして紹介してくれます。

求人している歯科医院が、広告代や紹介代を就活サイトへ支払う形式なので、

就活している歯科衛生士の側では、費用は一切かかりません!

無料で簡単に登録でき、また必要がなくなれば解除すればいいので、

お勧めですよ(((^-^)))

ある程度しぼれたら、実際に見学して様子を体感し、比較・検討してくださいね!

ちょっと大変かもしれませんが、

試用期間として複数の歯科医院で平行して

パート勤務をさせてもらうといいですよp(^^)q

歯科衛生士の皆さんが、生き生きと活躍できますよう、応援しています!!


やっぱりなんといっても歯科衛生士に特化した、No. 1大手のファーストナビ歯科衛生士(。-`ω´-)
圧倒的な求人数なので、自分にあった職場に目をつけて置けます(●´ω`●)
(高給与、パートOK、残響なし、近場などなど٩( ‘ω’ )و)

電話で相談に乗ってくれるので、自分の頭を整理できます(もちろん私もやりました笑)
歯科衛生士なら、とりあえずファーストナビをまず登録してみましょう (。-`ω´-)

②日本最大級の歯科衛生士転職サイト!超急成長中のジョブメドレー



ジョブメドレー求人数が他サイトに比べて圧倒的に多く、
「歯科衛生士」だけで8960件の求人数がありますΣ(o^^o)(2018年5月現在)
大手サイトなだけあって、
    • 全国展開、
    • 雇用条件で検索、
    • キャリアカウンセラーに相談可能、
    • お祝い金などなど、
  • 歯科衛生士の願望をがっしり掴んできます。
ユニークなお祝い金制度や、スカウト制度がありますので、
登録だけしておくだけでも選択肢が広がります(>_<)」
(もちろんわたしも登録させていただきました!)

③歯科衛生士に寄り添う専門求人サイト d-style

新進気鋭の転職サイトd-styleにも登録してくださいね。歯科衛生士の立場になって相談にのってくれますよ(*^_^*)

選択肢はゼッタイ多い方がいい!

皆さんが、楽しい歯科衛生士ライフが送れますように(*^_^*)

①ファーストナビはこちら↓No. 1大手!

②ジョブメドレーはこちら↓メール、電話相談が無料!

③歯科衛生士の寄り添う専門求人サイト こちらも是非!

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)
今なら、質問、コメント、悩みでもなんでも、どんなことでも
歯科衛生士なつこのtwitterにDMいただけたら24時間以内に返信しますよ〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
ほんっとうにお気軽にどうぞ( ´ ▽ ` )

あなたにおすすめの関連記事は少し下に(^^)