歯が溶ける原因は、むし歯以外にもあった!

 

読了目安:[1分

はとっても歯に悪い!

 

炭酸レモン

むし歯は歯が溶ける病気だって、知っていますか?

むし歯の菌が糖をたべてをだすので、歯が溶けてしまいます。

 

でも歯が溶ける原因は、それだけではないのです。

ふだん私たちが口にするものも、歯を溶かしていたのです・・・。

共通項はです。

飲料やすっぱいものということです。

 

 

 

炭酸飲料

 

炭酸飲料に抜いた歯を一晩浸けておくと、歯の周りが溶けるという実験がありました。

本当に溶けるんです!(要、実験確認)

試しに、炭酸飲料を口に含んだあと出し、歯と歯をこすり合わせてください。
「ギシギシ」とした嫌な感じがしませんか?

砂糖もたっぷり入った炭酸飲料は、歯の大敵!!

ときどきの楽しみで飲む程度にしておきましょ(>_<)

 

 

グレープフルーツ、キウイ、レモン

 

毎日食べるという年配の方が意外に多いんです。

確かに体には良いのですが、歯は確実に溶けます。特に酸味の強いものは、結構溶けます。

奥さん手作りのレモンジュースを毎日飲んでいるという患者さんがいました。

特に前歯の硬い表面が、溶けて黄色い歯になっていました(;_;)

 

酢、クエン酸

 

酢の物は、やはり体には良いのですが、ダラダラと時間をかけて食べていると、歯が溶け出します。

 

クエン酸は、ビタミン補給の飲み物に多く入っていて、常飲していると歯が溶けることがあります。飲んだら水でブクブクうがいを、しっかりしましょう!

 

梅干し

 

梅干しって、本当に酸っぱいですよね。

思い出しただけで唾液が出ます。
梅干しの酸味を薄めようと、唾液が出るんですよね。体って、よく出来ています。

 

酸は歯を溶かすので、唾液が口の中を中和して、歯が溶けないようにしてくれているのです。
(参照 知ってなるほど!唾液の驚くべきパワー!

 

 

まとめます。

歯を溶かすのは、すべて「酸」が原因なのです。

そしてなんと、唾液が歯を治してくれてたのです!

しかし酸が長く口の中にあると、唾液の分泌が間に合わず、歯は溶けます。

食べたらまず、お水でブクブクうがいをし、唾液を十分歯にしめらせた後、
歯みがきするといいですよ。

意外と知らないうがいの正しいやり方!

知ってなるほど!唾液の驚くべきパワー!

 

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました(^^)
ぜひ気軽にコメントください!

少し下の関連記事も参考にどうぞ(^^)

<sponsored link>