【徹底比較】歯の黄ばみって取れないの?いくつかの方法を紹介します!

【徹底比較】歯の黄ばみって取れないの?いくつかの方法を紹介します!

 

読了目安:[4 分]

 

はじめに

ホワイトニング

 

「芸能人は歯が命」って
昔どこかで聞いたことがありますけれど、
売れている芸能人は本当に歯が白くてきれいですよね!

特に10~20代の売れっ子たちは、
白いだけでなく歯並びもきれいだし、
見とれてしまいます。
(歯科衛生士としてこの業界にいるとどうしても
すぐ歯に目が行ってしまいます。)

最近では歯を白くする「ホワイトニング」や、
歯並びをよくする「歯列矯正」をする方が
増えています。

健康に関することではなく、
見た目に対する治療(審美歯科)ということで、
残念ながら健康保険は適応とならず、自費の扱いになります。

芸能人みたいに真っ白にしたい!!ということであれば、
迷わずこちらをお勧めします(*^_^*)

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

【徹底比較】ホワイトニングの効果、かかる時間、値段は?歯科衛生士目線でお答えします

矯正の種類別!期間と料金はどれくらい?

 

ホワイトニングを繰り返すほどに、歯は白くなりますが、
ホワイトニングしなくても、
黄ばみ汚れは、ある程度とれます。

歯科衛生士の目線で、黄ばみ汚れの取りやすい順に、ご紹介していきましょう!

 

 

 

①歯医者でクリーニングしてもらう

歯の治療

 

まず、黄ばみが簡単に取れるものからいきます。

 

① 食べ物や飲み物の色素による着色汚れ

歯の表面に付いた茶渋や野菜の色なので、
歯科診療で使う電気エンジンに小さなブラシやカップを付けてみがくと、
簡単にきれいになります。

研磨剤の粒子が粗いもの~細かいもの、
歯の表面の細かい傷を修復するような専用歯みがき剤や、
フッ素配合のものなど、
歯の状態によって選択して使い分け、また着色しにくいようにします。


② みがき残しの歯垢

歯を「みがいている」と「みがけている」とは、違います。
みがき癖や十分な歯みがきでないとき、歯の根元付近や歯の間に、
乳白色~黄色~オレンジ色の歯垢が残っていることがあります。

歯垢は初め、比較的さサラッとした性質ですが、
時間が経つほど粘ついてベタベタし、
歯ブラシでは簡単に落とせなくなっていきます。

歯科医院では、着色汚れを落とすときと同様の専用の器材を使います。

 

③ 歯垢が硬くなって沈着した歯石

歯石になってしまうと、ブラシでは取れないので、
超音波スケーラーやエアースケーラーという、電動の機械をつかったり、
細かい所は小さな刃物で少しずつ取ったりします。

最後に専用器材できれいにみがきます。

歯石は歯周病の原因にもなりますし、
表面が軽石のようにザラザラしているので、
着色汚れや歯垢、タバコのヤニも付きやすいです。

きれいさっぱり取ると、
黄ばみがグッと少なくなりますよ。

 

④ 歯の表面についたタバコのヤニ

タバコのヤニは、はじめは薄い黄色ですが、
だんだん重なり時間も経つと、
茶色そして真っ黒になっていきます。

歯のオモテ側よりも断然ウラ側に付きやすく、
歯と歯の間にまで及びます。
タバコの煙を吸うと、肺へ送り込まれる前に、
煙が口の中に充満しますものね(×_×)

通常、保険の適応内で歯のクリーニングをするには、
なんらかの病名が必要です。
タバコを吸っている人の多くは歯周病になっているので、
歯周病の治療である、歯の周りに付いている歯垢や歯石を取る目的で、
クリーニングをします。

つまり歯科衛生士の立場で言うと、
強固に歯のスキマに付いたタバコのヤニまで、
保険の適応内で取る義務はないんです。

細かい所まできれいにするならば、
自費でのクリーニングを依頼するといいですよ。

 

②白いかぶせものにする

歯の模型

歯のかぶせ物や詰め物をしている方は、
歯のかぶせ物が劣化して黄ばんでいることがあります。

プラスチックのような
人工樹脂性のかぶせ物や詰め物は、
長く使っていると劣化して黄ばんでくるからです。

材料にもよりますが、治すには多少お金と時間がかかります。
保険の適応内と、保険の適応外である自費では、
材質や料金に差がありますので、
歯科医院で相談してみるといいですよ。

詰め物の場合は、
保険でできるのプラスチックのような人工樹脂を詰め直すだけで、
黄ばみを改善しますが、
被せ物の場合は歯の場所によって、
白くするには保険が適応する所としない所があります。

保険適応外では色の変化がなく、ずっと白さを保つオールセラミックなど、
選択肢がたくさんあり、また自分の本来の歯の色よりも、
あえて白いものを選択することもできます。

ただ、一本だけ白くしたのでは不自然でバランスが取れないので、
被せ物でないところ意外はホワイトニング(次項)をして、
色調を合わせる必要があります。

歯の状態や予算などによって、歯科医院で相談してくださいね(((^-^)))

 

歯を白くする色々な被せもの5選を徹底比較!

 

③ホワイトニングする

ホワイトニング2

 

最後は、なんと言っても
ホワイトニングでしょう。
口元を全体的に白く明るくするという意味では、
上記の治療法では得られない
白さを期待できます

上記の2つを
試してもまだ気になるようであれば、
ホワイトニングをしてみるといいです。

ただホワイトニングは一度やったからといって、
ずっと白さを保つわけではなく、
だんだん元に戻っていきます。
髪の毛のカラーリングと同じような感じです。
繰り返すことで白さが定着し、増すものなんです。

一般の歯科医院でもホワイトニングをおこなっているところも多いですが、
安心・安全・確実さならば、
ホワイトニングの専門歯科医院をお勧めします!



いまはホワイトニングにもいろんな方法があり、
気軽に始められるものもありますので
こちらも見てみてください。

【徹底比較】ホワイトニングの効果、かかる時間、値段は?歯科衛生士目線でお答えします

 

そもそも黄ばまないように意識する

歯磨き粉

タバコを吸っている人は、
それに合わせた歯みがき粉があるので、使うと良いかと思います。

コーヒーや紅茶をよく飲む人は、
飲んだ後は水やお湯でブクブクうがいをしましょう。

あとは細かい研磨剤を配合した歯みがき剤を使って、丁寧に歯みがきするといいですよ。

口を開いていることが多い人も、前歯の表側に着色しやすいので、
口を閉じるように意識してみてくださいね!!

口臭を治すにはどうしたらいいの?[動画付き]歯みがきの仕方は?

 

多くの選択肢から最高を選べるように・・・

 

hope

いかがだったでしょうか?

やはり、歯がきれいな人は印象が良いし清潔感がありますよね。

ただ、黄ばみと言っても原因がいろいろあり、
簡単に取れるものと、時間やお金がかかるものがあります。

健康保険の範囲内でできることも多くありますので、
ぜひ歯科医院を活用してもらえたらと思いますp(^^)q

 

歯をきれいにするためにこの記事がお役に立てれば幸いです(^^)

ではまた会いましょう~(^^)

 



どうやって歯医者を選んだらいいの?歯科衛生士がコツを解説!

キシリトールはむし歯予防に最適!!!おすすめする理由・害は?

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)
今なら、質問、コメント、悩みでもなんでも、どんなことでも
歯科衛生士なつこのtwitterにDMいただけたら24時間以内に返信しますよ〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
ほんっとうにお気軽にどうぞ( ´ ▽ ` )

あなたにおすすめの関連記事は少し下に(^^)