【知って安心】むし歯がないのに歯が痛い?・・・それ、知覚過敏かも

 

読了目安:[3 分]

 

はじめに

 

ペンギンの雪中散歩 2
ペンギンの雪中散歩 2

 

「冬、冷たい水でうがいするのが、ツラくて」

 

そんな方は、「知覚過敏症」かもしれません。

知覚過敏症とは読んで字のごとく、

痛い!と感じる神経が敏感になっている様子をいいます。

 

もちろん、むし歯があって痛いと感じることもあるので、

間違えないようにしないといけません。

 

知覚過敏症の大きな特徴は、3つあります。

歯の根元がしみる

 

そもそも知覚過敏症に何故なったかというと、

歯周病で歯の周りの骨が溶けて

歯ぐきが下がったと考えられます。

 

また、歯の噛み合わせのバランスや歯ぎしりで、

歯ぐきが下がることも多くありますし、

歯の根元がくさびを打ったように欠けて(くさび症欠損)、

しみることもあります。

 

なぜ歯ぎしりするの?原因と解決法!

こんな症状の人は注意!むし歯再発の可能性大!!「食いしばり」

あなたは何個当てはまる?歯の周りの病気(歯周病)チェック!

hygienist.site/sensitive-tooth/

 

冷たいものだけしみる

 

冷たいものに、歯の神経はとても敏感に感じます。

水だけでなく、風もしみるのはこのためです。

 

温かいものまでしみるようになるのは、

神経にかなりのダメージがある証拠。

はやく歯医者さんに相談しましょう!

 

痛みが一時的なもの

 

 

「しみる!」と感じるのが一瞬で、

そのあと少しジーンとする感じは残るかもしれませんが、

すぐ元に戻ります。

 

だから、なかなか歯医者へ行こうとまでは思わないですよね。

 

まずは、日常的に使う歯みがき粉を選ぶとき、

「知覚過敏に効く」と書いてあるにしましょう。

 

ドラッグストアに売っているもので、

「シュミテクト」「システマ センシティブ」といったものです。

歯みがきのときに少しつけると、効果がだんだん出ます。

 

2週間使っても効果を感じなければ、歯医者へ行きましょう。

しみにくくする薬が、歯医者にはあるんです。

 

色々なメーカーから出ていますが、

「歯をコーティングするタイプ」と「歯にしみこむタイプ」があり

ます。

適切な方を選んで塗りますので、診てもらうといいですよ。

 

それでも良くならないこともあります。

 

重症のときや、むし歯のときです。

特にくさび状欠損の凹みが大きいと、

歯の神経の近くまで削れていることがあります。

 

そうなると当然しみますし、

歯の質が弱い部分がむき出しになっているのでむし歯になったりもします。

歯医者では、レジンというプラスチック状のものを詰めます。

 

怖いことに、

知覚過敏症だと思っていて、

意外にもむし歯が隠れていることもあります(;_;)

 

歯と歯の間にむし歯があって、見えていないときです。

 

部分的なレントゲン写真を撮れば、おおむね見つけられるので、

歯医者さんに相談してみてくださいね!

 

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました(^^)
ぜひ気軽にコメントや質問ください!

少し下の関連記事も参考にどうぞ(^^)

Posted by natsuko